バナジウム天然水とは?

天然水の中でもちょっと特別な天然水なの?というイメージがあるバナジウム天然水ですが、このバナジウム天然水には「バナジウム」というミネラル分が入っている天然水ということになります。

ちなみに、このようなものがバナジウム水です。

もともとミネラルというのは人の体の中では合成することが出来ない物質になっています。

カルシウムやマグネシウムなどもミネラルなのですが、このバナジウムというのは血糖値を下げるという効果があるミネラル分になっています。

このバナジウムは乾物の海産物や乳製品、野菜などにも含まれている成分なのですが、やはり食品から取り入れることができる量というのは多いものではないんです。しかし、日本には富士山の地下水などに実はこのバナジウムが大変多く含まれている水があります。

他にも阿蘇などにもこのバナジウムが多く含まれている天然水が採水できるのですが、圧倒的に富士山の地下から採水される天然水の方がバナジウムの含油量が多くみられています。

バナジウムが含まれている天然水自体があまりないということで、実は他の天然水よりもバナジウム天然水は高いという傾向もあるんですよ。