ウォーターサーバーにもデメリットはある?

ペットボトルなどをたくさん購入しなくても、新鮮でおいしい水を常に飲むことができるので人気のウォーターサーバーですが、ウォーターサーバーを導入することによるデメリットというのはあるのでしょうか。

ウォーターサーバーを導入するデメリットがある例としては、家庭や企業での水の消費量が少ない場合、というのがあげられます。プレミアムウォーター ビックカメラ

ウォーターサーバーのメーカーでは、だいたい2週間から1ヶ月を開封後の賞味期限として設定しており、基本的にはそのサイクルで水を交換することになります。

水を飲みきっていなくても安全のために交換することになるため、その分だけ水が無駄になります。

全部飲みきっていても、残っていても発生する料金は同じになってくるため、消費量が少ない家庭などで導入すると、ペットボトルで必要な量の水を購入する場合と比べると高くなることがあります。

他のデメリットとすると、ウォーターサーバーは省スペース化が進んでいますが、ウォーターボトルの保管場所も合わせるとそれなりに広いスペースが必要になってくるため、スペースが十分取れない状態で導入すると窮屈になるなどと大変のようです。