水道水について

塩素の無いお水です。富士山バナジウム水が飲めるウォーターサーバーを比較

生きていくために必要なものの一つである水ですが、日本ではそのまま飲めるほど綺麗な水が蛇口をひねるだけで得ることができるようになっています。

いわゆる水道水ですが正確には上水道水と呼ばれています。

この上水道水は元々雨や雪といったものが地下に染み込みその地下水がダムといった場所に溜まりそこから川に流れたものを汲み上げているものとなっています。

その後に浄水場にて飲料水として適するように処理が施され上水道を通り各家庭へと送られています。

もちろんこうした上水道水は飲むための水質の基準が法律によって定められておりその数51項目とかなり厳しい基準なのがわかります。

水道水には塩素が含まれているのを皆さんご存知かと思いますがこれは処理前の有害な雑菌を消毒するために塩素が使われています。

しかし最近ではこの水道水に含まれている塩素が身体に悪影響を及ぼすといわれており水道水をあまり口にしない方が増えてきているようです。

この塩素は水道水に1リットルあたり0.1mg前後含まれており浄水場から近い家庭ではよりその濃度は高いと言われています。